スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |

大腿前部の筋肉

[質問]
私はサッカーをしており、足が太く特にもも前が発達しています。確かに足が太くなりだしてから動きが鈍くなった感じがします。普段からもも前を使わないよう意識してますが、相変わらず太く歩いたり、走ったりすると力が入っているように思います。やはり股関節の廻旋が使えてないということでしょうか。
もも前を使わないようにする良いトレーニングはありますか。また私は立っているとき、もも前や膝上に力が入って固まってしまうように思うのですが、うまく体が使えている人は立った時、足の太ももや足裏・膝の感覚はどのようなものなのでしょうか?

[回答]
もも前の筋肉を落とすには?とのご質問ですが、もも前の筋肉を落とす必要はありません。サッカーのように激しく方向やスピードの変化する動きを必要とする競技にはもも前の筋肉も必要です。
前を落とすという発想ではなく後を使うという発想が必要です。そのためには股関節まわりの筋肉のストレッチをし股関節が自由に動くようにしなければなりません。その上で後ろ側のハムストリングスが使えるように意識してストレッチをするとよいでしょう。

使える人の感覚はどうかというご質問ですが、これは、人それぞれでなんともいえません。使える人でも特に意識していない人もいます。使えない状態からトレーニングで使えるようになった人はもも前は柔らかくハムストリングスがはっているという感覚を述べられることが多いです。


自然身体構造研究所ホームページ

自然身体構造研究所オンラインショップ


野球の上手くなるコツ情報 - 毎週1回配信メルマガ
Powered byまぐまぐ
スポンサーサイト
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

コメント

コメントする


秘密にする
 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このエントリーへのトラックバック

プロフィール

自然身体構造研究所

Author:自然身体構造研究所
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。