スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |

肩の痛みへの対処

[質問]
投手をやっているものですが先日の試合で肩を痛めました。昔やっていた、インナーマッスルのトレーニングをしてたら、あるトレーニングをしたら、痛くて出来なかったので、その部分を傷めただろうと思いました。ちなみにその方法はうつぶせに寝て肩から肘までをまっすぐにして肘を九十度に曲げて手のひらを地面に着け、手を30秒ぐらい上げて下ろす、トレーニングです。様子を見てそこの部位を鍛える必要があると思いますが、痛みが全く無くなってからですか?スポーツ整形などで見て持ったほうが良いのでしょうか?

[回答]
 まず、言えることは痛みがあるうちは無理をしない方がよいということです。痛みがあるということはそこの筋肉に故障があるか、または筋肉が固まって使えない状態にあるということです。故障の場合は治癒するまでは、慎重にならなければなりません。筋肉が固まっている場合はストレッチが必要です。
 スポーツ整形でみてもらう必要があるかは直接拝見しない限りなんともいえませんので、チームの指導者(監督・コーチ・トレーナー等)に相談してみてください。
 肩周りのインナーマッスルは小さな筋肉も多く痛めやすいので、ストレッチやマッサージなどでこまめに調整する必要があります。

自然身体構造研究所ホームページ

自然身体構造研究所オンラインショップ


野球の上手くなるコツ情報 - 毎週1回配信メルマガ
Powered byまぐまぐ
スポンサーサイト
| trackback:1 | commnet:0 | BACK TO TOP |

コメント

コメントする


秘密にする
 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このエントリーへのトラックバック

こんにちは!突然のトラックバック失礼します。よろしければスポーツ整形外科について情報交換しませんか?
2006/12/04(月) 20:35:46 | 美容整形 キレイになるために

プロフィール

自然身体構造研究所

Author:自然身体構造研究所
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。