スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |

アーム式投法について

[質問]
雑誌などではよく、アーム式の投法は良くない(タイミングが合いやすい?)と書かれており、またスカウトの方々はアーム式の投手は採らないと言う話もよく聞きます。
しかし、私が見る限りメジャー投手でも甲子園出場投手でもアーム式の投手はいるように見受けられます。
ここで御聞きしたいのは
1.アーム式投法の定義とはアーム式投法とはテークバックで腕が1本の棒の様になっている。という事で良いのか?
2.アーム式投法が1だとすると何故、アーム式は嫌われるのか?子供達には自然なテークバックの仕方に思えるのですが?
よろしければ御考えを御聞かせください。
[回答]
いわゆるアーム式の投法の主な原因は腕全体が緊張している状態で投げる事によって腕が一本の棒のように見えることです。筋肉は緊張弛緩の連続で動くわけですから、緊張しっぱなしのアーム式は効率が悪いわけです。普通アーム式の選手は肩関節が基点で三角筋が緊張したままの投げ方をしています。ようするに肩甲骨周りのインナーマッスルによる腕の内旋外旋の動きを使えていないわけです。
体幹部や肩甲骨のインナーマッスルを使った腕の内旋外旋ができていれば、外見上、腕が真っ直ぐでも曲がっていても、どちらでもよいのです。
アーム式とは単に腕が真っ直ぐにみえるという外見につけられた言葉です。
プロレベルの腕が真っ直ぐは、腕が充分に脱力し遠心力で真っ直ぐになった真っ直ぐです。アマチュアの腕が真っ直ぐは、先に述べた無駄な緊張で真っ直ぐになった真っ直ぐです。この二者をアーム式という一つの言葉で表現するので混乱が起こります。アーム式という言葉にはこだわらない方がよいと思います。

自然身体構造研究所ホームページ

自然身体構造研究所オンラインショップ


野球の上手くなるコツ情報 - 毎週1回配信メルマガ
Powered byまぐまぐ


スポンサーサイト
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

コメント

コメントする


秘密にする
 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このエントリーへのトラックバック

プロフィール

自然身体構造研究所

Author:自然身体構造研究所
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。