スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |

ハンドボールへの応用

[質問]
ハンドボールを指導しているものです。自然身体構造研究所の身体の使い方は、ハンドボールにも通用するような気がします。投げる動作には、もちろん使えると思いますが、フェイントなどにはどのように応用すればすればよいでしょうか。古武術の動きを取り入れれば、1対1の相手をさっと抜くことができそうな気がするのですが・・・。何かご教示いただければ幸いです

[回答]
フェイントは体をひねるスピードが早ければいいわけです。そのためには体の中心をずらすような感覚で動きを切り返すとよいわけです。武術ではこの動きを「身体を割る」という表現をします。
この動きはストレッチなどをやりこんでないとわかりません。「膝の抜き」などの特殊な感覚を使うのですが、まずは、インナーマッスル・ストレッチを集中してやることからはじめればよろしいかと思います。


自然身体構造研究所ホームページ

自然身体構造研究所オンラインショップ


野球の上手くなるコツ情報 - 毎週1回配信メルマガ
Powered byまぐまぐ


スポンサーサイト
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

コメント

コメントする


秘密にする
 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このエントリーへのトラックバック

プロフィール

自然身体構造研究所

Author:自然身体構造研究所
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。