スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |

効果的トレーニング

[質問]
効果的トレーニングで本人の能力を最大限にアップできるよう にしていくにはどうしていくかアドバイスをお願いします。

[回答]
能力を最大限にアップするには身体に潜在する可能性を開発する必要があります。その基本は二つあります。

第一に必要な事は全身の関節の可動性を高める事です。イチロー選手は決して身体が柔らかい方ではないそうです。ですが、あのようにしなやかにうごけるということは一つの運動に対して動いている関節の数が多いということです。特に胴体(体幹部)の可動性です。ですから当研究所の
インナーマッスル・ストレッチやストレッチポールが有効になります。まずは体幹部がこんなに自由に動くという実感が大切なのです。ストレッチをしながら神経トレーニングもかねているのです。
次に力を抜いて動きを始動させる感覚が必要となります。
普通は力を入れて動きを始動させますが、一流選手の動きは逆です。これは伸長性反射といって、重力の力で
一度筋肉を伸ばしてから力を入れるような使い方です。剣道などでも先の先といいましょうか、始動の力点がわからないような早い打ち込みをする人がいると思います。(動作として速くはないのですが、相手が早く感じてしまう)これも伸長性反射の動きです。この感覚で動く事ができると腕と脚が回旋運動をともなって動くのです。すなわちインナーマッスルから始動させて表面のアウターマッスルを動かしていくような使い方です。
全身を使い切るためには内部の筋肉より始動させる使い方を学ばなければなりません。
私どものトレーニングはこのような動きを体現する為のものです。インナーマッスル・ストレッチ&体幹体操などをやりこんでいただくと私が言っている事が実感できると思います。

自然身体構造研究所ホームページ

自然身体構造研究所オンラインショップ


野球の上手くなるコツ情報 - 毎週1回配信メルマガ
Powered byまぐまぐ


スポンサーサイト
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

コメント

コメントする


秘密にする
 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このエントリーへのトラックバック

プロフィール

自然身体構造研究所

Author:自然身体構造研究所
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。