スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |

ヒップファーストとすり足

[質問]
私は、投手のフォームの在り方を模索してきました。その結果、現在は並進運動を始める際はヒップファーストを行なうのが正しいと思っているのですが、並行してメジャー投手達のフォームを見るにつけ、伊良部投手の言葉通り、ヒップファーストに多少なりとも疑問を持っていました。しかし、外人と日本人では身長や足の長さ・骨格?が明らかに違うので日本人にはすり足的な並進運動は向かないと思うのですがどうなんでしょうか?
> また、グローブ腕に関して私自身は引く方が良いと思っているのですが、メジャー投手や日本では佐々岡投手など、前に残して投げている投手も多いです。何かの雑誌にもグローブ腕は前に残すべきと主張しているコーチも居て確信が持てません。普通に考えるとグローブが前に残っていると回転の邪魔になるとしか思えないのですが、いかがでしょうか?

[回答]
ヒップファーストとすり足については私はどちらでもよいと思っています。
体重が乗ったボールなどといわれるとおり、いかに並進運動で体重を前足に移動させるかという事になります。ですがわたしはピッチングのこの動きを並進運動としてとらえていません。どちらかというと上下運動としてとらえています。上下運動の結果として慣性力が働いて並進運動がおこっていると思っています。
体重移動を並進運動をイメージして動いた場合軸足の使い方が蹴る動きになります。たとえば軸足の筋肉だけの話であれば前側の大腿四頭筋だけを使って後ろ側のハムストリングスが全然つかわれていないことになります。筋出力が半分しかないということになります。
重力や遠心力を利用した無理のない投げ方が理想的なのです。
そのためにはインナーマッスル・ストレッチなどが絶対必要です。身体が動かないことには話しにならないのです。

自然身体構造研究所ホームページ

自然身体構造研究所オンラインショップ


野球の上手くなるコツ情報 - 毎週1回配信メルマガ
Powered byまぐまぐ


スポンサーサイト
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

コメント

コメントする


秘密にする
 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このエントリーへのトラックバック

プロフィール

自然身体構造研究所

Author:自然身体構造研究所
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。