スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |

ケトルベルの重さ

[質問]
中学2年生なのですが、ピッチング用のケトルベルの4kgは重過ぎないでしょうか?

[回答]
ピッチング用ケトルベル4kgが重過ぎるのではないかとのご質問に回答します。
結論から言えば、重量はありますが、負担は軽いので問題ありません。
ピッチャーのトレーニングとしては1kg程度のダンベルやチューブなどがよく使われます。ケトルベルはそれらに比べても負担は軽いのです。重量は重いですが、関節の回旋を上手に利用するよう考えられたトレーニングですので無理な負担はかかりません。中学生への指導でも特に問題は出ておりません。

自然身体構造研究所ホームページ

自然身体構造研究所オンラインショップ


野球の上手くなるコツ情報 - 毎週1回配信メルマガ
Powered byまぐまぐ
スポンサーサイト
| trackback:0 | commnet:3 | BACK TO TOP |

小学生のストレッチ

[質問]
小学校3年生の女の子に「水原勇気」のようになってもらいたいと思っていますが、インナーマッスル・ストレッチは時期的に早くないでしょうか?

[回答]
インナーマッスル・ストレッチは小学生にも指導しています。小学3年生でも早すぎると言う事はありません。
体がまだ柔らかいうちに始めたほうが後の上達に有利です。
ただ、成長期ですので無理は禁物です。無理をせず、筋肉を伸ばすことにこだわらず、体の感覚を育てるといった気持ちで取り組めばよろしいかと思います。

自然身体構造研究所ホームページ

自然身体構造研究所オンラインショップ


野球の上手くなるコツ情報 - 毎週1回配信メルマガ
Powered byまぐまぐ


| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

アーム式投法について

[質問]
雑誌などではよく、アーム式の投法は良くない(タイミングが合いやすい?)と書かれており、またスカウトの方々はアーム式の投手は採らないと言う話もよく聞きます。
しかし、私が見る限りメジャー投手でも甲子園出場投手でもアーム式の投手はいるように見受けられます。
ここで御聞きしたいのは
1.アーム式投法の定義とはアーム式投法とはテークバックで腕が1本の棒の様になっている。という事で良いのか?
2.アーム式投法が1だとすると何故、アーム式は嫌われるのか?子供達には自然なテークバックの仕方に思えるのですが?
よろしければ御考えを御聞かせください。
[回答]
いわゆるアーム式の投法の主な原因は腕全体が緊張している状態で投げる事によって腕が一本の棒のように見えることです。筋肉は緊張弛緩の連続で動くわけですから、緊張しっぱなしのアーム式は効率が悪いわけです。普通アーム式の選手は肩関節が基点で三角筋が緊張したままの投げ方をしています。ようするに肩甲骨周りのインナーマッスルによる腕の内旋外旋の動きを使えていないわけです。
体幹部や肩甲骨のインナーマッスルを使った腕の内旋外旋ができていれば、外見上、腕が真っ直ぐでも曲がっていても、どちらでもよいのです。
アーム式とは単に腕が真っ直ぐにみえるという外見につけられた言葉です。
プロレベルの腕が真っ直ぐは、腕が充分に脱力し遠心力で真っ直ぐになった真っ直ぐです。アマチュアの腕が真っ直ぐは、先に述べた無駄な緊張で真っ直ぐになった真っ直ぐです。この二者をアーム式という一つの言葉で表現するので混乱が起こります。アーム式という言葉にはこだわらない方がよいと思います。

自然身体構造研究所ホームページ

自然身体構造研究所オンラインショップ


野球の上手くなるコツ情報 - 毎週1回配信メルマガ
Powered byまぐまぐ


| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

ハンドボールへの応用

[質問]
ハンドボールを指導しているものです。自然身体構造研究所の身体の使い方は、ハンドボールにも通用するような気がします。投げる動作には、もちろん使えると思いますが、フェイントなどにはどのように応用すればすればよいでしょうか。古武術の動きを取り入れれば、1対1の相手をさっと抜くことができそうな気がするのですが・・・。何かご教示いただければ幸いです

[回答]
フェイントは体をひねるスピードが早ければいいわけです。そのためには体の中心をずらすような感覚で動きを切り返すとよいわけです。武術ではこの動きを「身体を割る」という表現をします。
この動きはストレッチなどをやりこんでないとわかりません。「膝の抜き」などの特殊な感覚を使うのですが、まずは、インナーマッスル・ストレッチを集中してやることからはじめればよろしいかと思います。


自然身体構造研究所ホームページ

自然身体構造研究所オンラインショップ


野球の上手くなるコツ情報 - 毎週1回配信メルマガ
Powered byまぐまぐ


| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

効果的トレーニング

[質問]
効果的トレーニングで本人の能力を最大限にアップできるよう にしていくにはどうしていくかアドバイスをお願いします。

[回答]
能力を最大限にアップするには身体に潜在する可能性を開発する必要があります。その基本は二つあります。

第一に必要な事は全身の関節の可動性を高める事です。イチロー選手は決して身体が柔らかい方ではないそうです。ですが、あのようにしなやかにうごけるということは一つの運動に対して動いている関節の数が多いということです。特に胴体(体幹部)の可動性です。ですから当研究所の
インナーマッスル・ストレッチやストレッチポールが有効になります。まずは体幹部がこんなに自由に動くという実感が大切なのです。ストレッチをしながら神経トレーニングもかねているのです。
次に力を抜いて動きを始動させる感覚が必要となります。
普通は力を入れて動きを始動させますが、一流選手の動きは逆です。これは伸長性反射といって、重力の力で
一度筋肉を伸ばしてから力を入れるような使い方です。剣道などでも先の先といいましょうか、始動の力点がわからないような早い打ち込みをする人がいると思います。(動作として速くはないのですが、相手が早く感じてしまう)これも伸長性反射の動きです。この感覚で動く事ができると腕と脚が回旋運動をともなって動くのです。すなわちインナーマッスルから始動させて表面のアウターマッスルを動かしていくような使い方です。
全身を使い切るためには内部の筋肉より始動させる使い方を学ばなければなりません。
私どものトレーニングはこのような動きを体現する為のものです。インナーマッスル・ストレッチ&体幹体操などをやりこんでいただくと私が言っている事が実感できると思います。

自然身体構造研究所ホームページ

自然身体構造研究所オンラインショップ


野球の上手くなるコツ情報 - 毎週1回配信メルマガ
Powered byまぐまぐ


| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |
| ホーム |

プロフィール

自然身体構造研究所

Author:自然身体構造研究所
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。